Loading...

次代の社会を担うリーダーを目指して
内定者インタビュー

就職支援によって、自分の強みや話すポイントが明確になりました。
女性 内定者

奈良県
農業協同組合

上田 菜実さん

総合経営学部 商学科 4年

2021年卒業

奈良県立奈良朱雀高等学校 出身

※学年は、2021年3月時点のものです。

大学生活でどのような学修や課外活動に
取り組みましたか?

大学生活で特に力を入れていたのは、オープンキャンパスの企画・運営を行う学生スタッフの活動です。その中で学生スタッフが来場者とキャンパスライフ等について個別に話をする「学生なんでもトーク」というプログラムがあり、そこに来てくれた1人の高校生とのできごとが印象に残っています。
その高校生は、進学か就職かで迷っていたので、まずは将来就きたい仕事や、これから学んでみたいことなどを深く聞き取りました。インターネットで一緒に他大学のことも調べ、大阪商業大学の魅力を話したうえで、もし大阪商業大学で学ぶならと学部・学科も一緒に考えました。その後、また別の日にオープンキャンパスに参加してくれて、最終的に大阪商業大学に入学してくれたのです。入学後に「あの時はお世話になりました!」とお礼を言われ、高校生の進路決定に携わる大切な仕事をしているんだとやりがいを感じました。

就職活動では、どのような就職支援を
活用しましたか?

3年次の夏休みごろからインターンシップに参加するなどして、徐々に就職活動を始めていました。ただ最初は何から手をつければいいか全くわからず、何度もキャリアサポート室に通ってスーツの着方から教えてもらったほど。さらに履歴書の書き方に加え、面接の練習ではドアのノックの仕方やかばんの置き方など、基礎の基礎からつきっきりで教えていただきました。後から振り返ると、周りの同級生より早く就職活動を始めたことで、余裕を持って細かな点まで指導していただけたのだと思います。
また、自己PRや志望動機の書き方についても、キャリアサポート室の方と話しながら組み立てていきました。私が伝えたいことを深掘りするような質問をしてくださり、自分の強みや考えをしっかり整理できたのがよかったです。話すべきポイントや、より伝わる話し方・書き方についても丁寧なアドバイスをいただき、エントリーシート等提出する書類や面接での話し方を磨くことができました。

就職活動で印象に残っている
エピソードを教えてください。

私は47都道府県すべてに行くことを目標にしているぐらい旅行が好きで、もともとは旅行・観光業界の仕事にも興味を持っていましたが、就職活動では、これまでの経験や自分の力を生かせる場所で働くことを優先的に考えるようになりました。
キャリアサポート室の方からも、学生スタッフの活動で人前で話すことや自分の思いを発信することを多く経験してきたので、営業や広報で力を発揮できるのではないかと後押しをいただき、自信を持って就職活動に臨みました。
内定先である奈良県農業協同組合は、実家が農業をしていることもあり、幼い頃からイベントなどにもよく連れて行ってもらっていた馴染みのある会社。そのイベントの運営や取材等を行う広報活動や、農家さんへの営業などを通じて地域貢献ができ、地元である奈良の魅力をより広く伝えていけるのではないかと考えました。こうした思いをしっかり伝えられたことが内定につながったと思います。

就職活動を通じて学んだことや成長した点を
教えてください。

自己分析を通じて、自分をより深く知ることができたのがよかったですね。これまで心配性なところが短所だと思っていましたが、何事も一つひとつ丁寧に確認するところが逆に長所にもなり得るのだと気づいたことが印象に残っています。そして、就職活動を通じて改めて自分のやりたいことを整理し、今後目指したい姿も明確にできました。そのために今何をすべきかを考えられるようになったことが成長できた点です。
また、大学で4年間続けた学生スタッフの経験が大いに役立ちました。プレゼンを日常的に行い、話し方ひとつで場の雰囲気を変える経験をしたことが自信となり、堂々とした振る舞いにもつながったと思います。

将来の目標は何ですか?

大学4年間でたくさんのことにチャレンジしてきたので内定先でも色々なことに挑戦していきたいです。特に広報活動に携わりたいと考えています。イベントの取材や、奈良県農業協同組合が発行している広報誌「まほろば」に携われるチャンスもあると聞いており、とても楽しみです。SNSなど新しいツールを使った広報活動にも挑戦し、奈良県の魅力を新たに発見したり、奈良県の良さを多くの人に知っていただけるようにしたいですね。

受験生のみなさんへ

大阪商業大学は「やるかやらんか、迷ったらやる!!」という谷岡学長の言葉を大切にしています。私はこの言葉がとても気に入って、大学生活で実践してきました。失敗しても挑戦することに意味があるし、それも一つの経験になると思います。 実際に私は学生スタッフの活動だけでなく、新入生をサポートする学生サポーター、資格取得、趣味の旅行、福娘などたくさんのことに挑戦してきました。特に資格取得については学内で開設している講座がとても豊富で、販売士や宅地建物取引士など将来目指す職業にも役立つ資格が取得できます。私もファイナンシャルプランナーやマイクロソフトオフィスの資格を取得しました。大阪商業大学はやりたいと思ったことを自由にできる環境が整っているので、積極的に情報を集め、何か一つでも挑戦してみてください。なんとなく過ごす4年間より、やりたいことを見つけて挑戦する4年間は100倍楽しくなりますよ!

公式LINEへ 公式Twitterへ 公式YouTubeへ

シェアする

他のインタビュー
を見る

卒業生・内定者
一覧へ戻る